引越し業者と便利屋だったらどっちがお得なのか

引越し業者と便利屋だったらどっちがお得なのか

作業員

そもそも便利屋のサービスってどんなの?

引越しの際、できるだけ安く済ませたいと模索しますが、候補の中に必ずといっていいほど便利屋が登場します。東京にも数多くありますが、基本的に何でもやるプロ集団なので、引越し依頼も快く引き受けてくれるでしょう。誰もがそう思っているに違いありません。しかし、あくまで雑務をこなすのであって、引越し業者のような仕事は難しいといえます。それを知らずに依頼をしてトラブルになったという方もちらほらいますから、必要最低限のルールを守って利用すべきです。

料金で判断する

便利屋に引越し作業を依頼する場合、作業員一人につきお金が発生するので荷物の量が多いとその分追加となります。例えば一時間作業をした場合、作業員に支払われるお金は2千円から3千円、二時間作業すると一万円を超えます。荷物の量が少なく、一時間で終われる簡単な引越しなら専門業者に依頼するより安上がりかもしれません。

見積もりで比較してみる

引越し業者に依頼をするか、それとも便利屋に頼むか悩んだ時は両方から見積もりを取るといいでしょう。作業内容と料金を同時に比較できるので、どこに依頼したらベストなのかがすぐわかります。

上手に活用するにはどうすればいいのか

便利屋というくらいですから、利便性があるのは安易に想像できます。実際、引越しの際に利用している方も多くいらっしゃいますから、どういった場面で活躍しているのかわかると利用しやすくなります。

依頼すべき場面

引越しの準備を手伝ってもらう

引越し業者のプランに、荷造りや荷ほどきを自分で行なうものがあります。よりお得に利用するためでしょう。しかし、荷物が多いと作業に何日もかかったり全然片付かなかったりなどの不満が出てきます。便利屋という素晴らしいサービスがありますから、面倒な荷造りや荷解きは丸投げしましょう。

重たい物を移動する時

お年寄りや一人暮らしの女性の引越しは何かと人助けが必要です。例えば、家具の移動が必要なら女性一人の力では無理な場合もあるわけです。そういう場面で、やはり便利屋はとても役立つと言えます。

不用品を買取してほしい時

海外げ単身赴任になった場合、物をできるだけ減らして費用を抑えるのが一般的です。ただ、まだ使える電化製品を不用品として処分するのは勿体ないです。便利屋だと不用品回収及び買取も行っているので、比較的新しい物は高額買取が狙えます。

深夜に作業をしなければならない時

引越し業者の場合、24時間対応ではないので夜の作業は自分たちで行います。一方、便利屋の場合依頼者が指定した時間に作業を依頼できるので、夜中に引越しの準備を手伝ってもらうことも可能でしょう。時間の融通が利きやすい点は便利屋ならではの良さです。

車に荷物を積むだけもOK

引越しプランを使わずに、レンタカーや自家用車で荷物を運ぶ際は自分たちで車に積まなければなりません。力仕事なので男性軍を何名か手配しなければならないでしょう。当てがない場合は、便利屋を使って問題を解決します。

広告募集中