ハウスクリーニングの見積書はココをチェックすると安心

作業員の事を考える

汚い部屋より、片付いている部屋の方が作業もしやすいでしょう。ハウスクリーニングを依頼された以上、汚い部屋に招き入れられてもやるしかないですが、作業の効率は格段に悪くなります。

作業をスムーズに進めるためのポイント

家具の移動をする

ハウスクリーニング業者が作業しやすいよう、家具やごみをどかしておくのが優しさです。引越しの時に利用するなら新居に運んでおくといいでしょう。エアコン清掃の際に使う脚立の置き場所も確保しておいた方がいいですね。また、トイレやお風呂場の備品も、作業前に移動しておけばとてもやりやすくなります。

引越し後のクリーニングならガス・電気・水道が止まる前に行なう

水で洗剤を流し、お湯で汚れを浮かせるのでガス・水道は使える状態にしておくのが無難です。また、冬など日が短い時の作業では、午後6時ごろからあたりは暗くなるので、明かりが必須です。ガス・水道と同じく、電気も使えるようにしておくべきでしょう。

駐車スペースの確保

敷地の問題で、一世帯に一台しか車が停められない場合は別の場所に作業員の駐車スペースを確保する必要があります。もしない場合はオーナーにひと声かけて、場所を空けてもらいましょう。一般的には、近くのコインパーキングを利用するのが普通で、料金は依頼者が負担します。

貴重品がある場合は管理を徹底する

ハウスクリーニングをする際に、誤って破損させないよう貴重品は別の場所に移動して管理する必要があります。もし、破損された場合は業者の方で補償することもできます。依頼前にそれができるかどうか、チェックすることも忘れてはいけません。

コンセントの整理

作業の妨げになるコンセント類は、予め外しておくといいでしょう。されていない場合は、作業員がひと声かけて外すことがあります。しかしパソコンやテレビの電源を一度落とし、作業に備えていた方が作業員も気持ち的に楽です。

ハウスクリーニングの見積書はココをチェックすると安心

男の人

早速見積もりをとろう

作業員を招き入れる準備ができたらいよいよ本格的に依頼をします。その前に東京のハウスクリーニング業者がどのくらいの料金でサービスを提供しているのか気になりますよね。相場は部屋の広さで異なり、2LDK~3LDKは5万円から10万円、4LDKは10万円から20万円です。あくまで例なので、業者によって料金はまちまちです。東京にある複数のハウスクリーニング業者から見積もりを依頼して、比較するのがお得に作業を依頼するポイントとなります。とはいえ、料金より中身が重要なので依頼通りに仕事をこなしてくれるかどうかもチェックしなければなりません。

見積もり書のどこをチェックすべき?

内訳には、利用するコースやハウスクリーニングを行なう箇所などの情報が記載されています。多くは作業内容の記述ですが、悪質な業者は重要な部分が空白だったりハウスクリーングとだけ書かれていたりします。内訳がはっきりしない以上、安心して依頼はできません。極端にいえば、掃除をする箇所の内訳が曖昧だと追加料金を請求するために別の場所をクリーニングする可能性もあるわけです。トラブルになるのは当然ですから、見積もりをとった時点で業者の良し悪しを見極めることが重要です。

広告募集中